OT-モルフォが登録目的での便利で革新的な新ソリューション「MorphoTop Slim」を披露

ビジネスワイヤ

パリ--(BUSINESS WIRE)-- (ビジネスワイヤ) -- デジタルセキュリティーと本人確認技術の世界的リーダーであるOT-モルフォは本日、超小型指紋読み取り製品であるMorphoTop Slimの発売を発表しました。本製品は、これまでの世代の製品とは一線を画しており、現行製品と比べて6分の1に小型化され、モバイル・ソリューションや既存の構成に統合することが大幅に容易になります。

TFT(薄膜トランジスタ)技術を基盤としたこの新しい超薄型端末は、10指のキャプチャーが可能です(平面式、ロール式)。読み取りの速度と品質は、他製品を引き離しています(指紋キャプチャーは2秒未満で可能、乾いた指での高い性能、トレース回避のための個別仕上げ)。

従来モデルと同様、MorphoTop SlimはMorphoESA登録ソリューションに統合されます。本製品は、国境管理、警察捜査、大量登録、e-KYC1など、多様な市場の幅広い使用目的に対応しています。

OT-モルフォのセキュリティー部門責任者のPhilippe Larcherは、このように述べています。「当社は、生体情報キャプチャーの分野で100万個を超えるセンサーを世界的に販売し、実績を立証してきました。また、より効率的で使いやすいソリューションを顧客に提供するために継続的に商品の改善に努めています。当社の研究と専門知識の結果である本製品は、その一例です。」

MorphoTop Slimは、FBI IQS付録Fの認証を受けており、ワシントンDCで開催されるフェデラル・アイデンティティ・フォーラム&エキスポ(Fed ID)(2017年9月12日~14日)で公式に発表されます。

1 Know your customer:KYCとは、企業が顧客の身元を確認するプロセスのことです(eKYCは、このプロセスのデジタル版です)。

デジタルセキュリティーと本人確認技術の世界的リーダーであるOT-モルフォは、交流、支払い、接続、通勤・通学、旅行を、ネットワーク接続された世界で可能になった方法でできるよう、市民と消費者の力を高めることに意欲的に取り組んでいます。

私たちの物理的・デジタル的な市民生活や商業生活が1つにまとまっていく中で、OT-モルフォは、セキュリティーと本人確認の最良の技術を活用できる立場にあります。そして、金融サービス、通信、本人確認、セキュリティー、IoTを含む主要産業で世界各地の幅広い顧客にカスタマイズされたソリューションを提供できます。

OT-モルフォの売上高は30億ユーロ近くに達し、1万4000人を超える従業員を抱えています。当社は2017年5月31日に、OT(オベルチュール・テクノロジーズ)とサフラン・アイデンティティー・アンド・セキュリティー(モルフォ)が合併して生まれました。暫定的に“OT-モルフォ”と称している新会社は、今年9月に新しい社名を発表します。

詳細情報:
www.morpho.comwww.oberthur.com
ツイッターでは、@Morpho@OT_TheMcompanyでフォローできます。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Press
Julien TAHMISSIAN, T + 33 (0)1 58 47 90 54
julien.tahmissian@havas.com


企業プレスリリース詳細へ
ビジネスワイヤトップへ

出発:

到着:

日付:

時間: