日経平均テクニカル: 緩やかながらも順調なリバウンド

Fisco News

続伸。25日線での十字足を形成し、その後のリバウンドで5日線を支持線に変え、本日は2万円回復と、緩やかながらも順調なリバウンドを見せてきている。ボリンジャーバンドではバンドが横ばい推移するなか、+1σを突破してきている。一目均衡表では基準線を支持線にリバウンドをみせており、転換線を突破してきている。遅行スパンは5月のもち合いレンジから顔を出す格好で、上方シグナルを発生させてきている。移動平均線からの乖離率を利用したエンベロープでは、5月半ば以降は中心値(25日)と乖離率1(2.5)とのレンジで推移しており、理想的なリバウンドに。週間形状では乖離は小さいが、13週、26週線とのゴールデンクロスに。週足のボリンジャーバンドではバンドが緩やかに拡大傾向にあるなか、+1σと+2σとのレンジが継続。+2σに沿ったリバウンドが意識されてくる。


<CS>

出発:

到着:

日付:

時間: