欧州為替:ドル・円は弱含み、米長期金利が引き続き低下

Fisco News

 ドル・円は弱含み、一時110円92銭まで値を下げている。欧州株は引き続き全面高だが、米国10年債利回りが2.1426%まで低下しており、ドル売りが優勢になっているもよう。本日は注目される欧州関連の材料がないことから、為替市場では方向感がなく、もみ合いの状態になる可能性がイメージされる。

 ここまでのドル・円の取引レンジは110円92銭から111円13銭。ユーロ・円は124円14銭から124円41銭、ユーロ・ドルは1.1188ドルから1.1202ドルで推移。



<KK>

出発:

到着:

日付:

時間: