宅配便再配達の悩みを解消する「ロボネコヤマト」。自動運転社会を見据えた実用実験も進行中

LIFULL HOME'S PRESS

宅配便再配達の悩みを解消する「ロボネコヤマト」。自動運転社会を見据えた実用実験も進行中の記事画像

指定した場所と時間で荷物を受け取り。そんな便利な世の中が、もうすぐ近くに


「午前中に宅配便が届く予定だから家にいなくちゃ」。そんな経験を持つ人も多いだろう。
人が荷物に合わせて動くのではなく、荷物が人に合わせる暮らしへ。そんな便利な暮らしに向けてプロジェクトを開始したのが、株式会社ディー・エヌ・エーとヤマト運輸株式会社。
2017年4月から2018年3月31日までの期間、国家戦略特区である神奈川県藤沢市の一部地域(鵠沼海岸1~7丁目、辻堂東海岸1~4丁目、本鵠沼1~5丁目)において、自動運転社会を見据えた「ロボネコヤマト」プロジェクトの実用実験を行っている。

「不在による再配達の増加、通信販売で購入した荷物の配達数が増えるなど、各社とも各地の集配所からご家庭までの『ラスト・ワンマイル』の配達に大きな悩みを抱えています。荷物の受け手属性が多様化する中、インターネットサービスの分野で培ったノウハウと自動運転技術とを連携させることで問題解決を図れないか、より便利な社会を目指すプロジェクトを開始しました」と、DeNA 広報部の有田真代さん。

現在行われている実験では、車内に保管ボックスを設置した3台の専用EV車両を使用。ユーザーがスマートフォンを使い、受け取る時間帯を10分刻みで指定。好きな場所で荷物を受け取れる「ロボネコデリバリー」と、地元商店の商品をインターネット上で一括購入して運んでもらう「ロボネコストア」の2つのサービスを対象エリア内で実験。有効なサービスかどうか体感してもらっている。


欲しい時に欲しい場所で受け取れるサービスが「ロボネコヤマト」。車が到着したら、二次元バーコードか暗証番号で保管ボックスのロックを解除し、荷物を受け取る



公園や道路上など、宅急便の荷物を好きな場所で受け取れる「ロボネコデリバリー」


「共働き夫婦や一人暮らしの方を主な利用者と考えたサービスが『ロボネコデリバリー』です。コンビニや公園、駅近くの車が停められる所など好きな場所で荷物を受け取ることができます。10分単位で到着時間の指定ができるのも特徴です」と有田さん。

冷蔵・冷凍品にも対応しており、荷物の到着予定時刻の3分前には、スマートフォン等に自動音声で到着を知らせてくれる。指定場所に到着した荷物はユーザーが保管ボックスを開けて荷物を取り出す仕組みだ。
利用するためには、まずスマートフォン・タブレット・パソコンから「クロネコメンバーズ」に会員登録を行う。その後、荷物の受け取り日時と場所を指定して荷物を受け取る。


地図上に示された青い線上ならどこでも荷物を受け取ることができる。10分刻みで受け取り時間を指定できるのも便利



買い物も楽しめる「ロボネコストア」。決済や荷造りの手間が省けるなど店側にもメリット


インターネット上の仮想モールから対象店舗の商品を一括購入できる買い物代行サービスが「ロボネコストア」。「ロボネコデリバリー」と同様、好きな時間に好きな場所で荷物を受け取ることができる。

「店舗をまわるのが大変な高齢者や、乳幼児のいるご家庭を主な利用者として考えたサービスです。加盟する地元のスーパーや飲食店など複数の店舗の商品を購入できます」

購入した商品は、ロボネコカーが店を巡り、店の人が商品を保管ボックスに入れてロボネコカーで届ける仕組み。配送対応時間は8時~21時(店舗の営業時間に準じる)。注文総額が税込3,000円未満の場合は324円の利用料金が必要となる。税込3,000円以上購入すれば利用料金は無料。

「店の方の話では、従来の通販に比べると、買い物袋に入れて車の保管ボックスに入れるだけなのでダンボールなどで荷造りをする手間が省けたそうです。入金決済もDeNAが行うのでその負担がないのも嬉しいとのことでした。今後対象地域が広がれば、地域によって商品ラインナップに個性が出てくるのも面白いのではないでしょうか」


複数店舗の商品を選べることも魅力。税込3,000円以上購入すれば利用料金はかからない。操作も簡単



利用者の評判は上々。今後の課題は「ロボネコヤマト」の認知度アップ


実際の利用者の反応はどうなのだろうか?
「高齢の方も、『実際に使ってみると簡単で便利』とお喜びいただいています。1回ご利用いただいて便利さを体感し、リピーターになってくださる方が多いですね。今後は『ロボネコヤマト』の認知度アップと、初めて利用する際のハードルが高いようなので、その心理的障壁をどのようにして取り除くかが課題です」

自動運転のロボネコヤマトが普及することで「雇用の裾野が広がる」とも話す有田さん。
「現在は運転技術が必要なことはもちろん、重い荷物が持てる体力、お客様とのコミュニケーション能力なども必要です。これが自動運転を見据えた非対面オペレーションのロボネコヤマトになれば、仮に説明員として乗車することはあっても運転技術や強い力などは必要ありません。多くの雇用を生み出すことで、ドライバーの負担軽減につながればよいと思います」

現在は実験中のためドライバーによる有人運転を行っているが、将来の自動運転社会を想定し、ドライバーは荷物の発送・受け取りには関与しない。ユーザー自身が荷物を車から取り出すシステムで、問題がないか検証を進めている。また2018年をめどに、一部の配送区間で自動運転の導入を予定しているという。
「送る人」「運ぶ人」「受け取る人」。みんなが便利になる世の中が、もうすぐ近くまで来ているようだ。

■取材協力
ロボネコヤマト/https://www.roboneko-yamato.com/


お話を伺った、株式会社ディー・エヌ・エー 広報部の有田真代さん。「配送ルートのアルゴリズムも弊社でつくりました。エンドユーザー向けのサービスを多数手掛けて得たノウハウが『ロボネコヤマト』にも活かされています」



[関連記事]
物流をコストから価値を生み出す手段に。ヤマトグループが目指す物流の改革とは?
一戸建て用宅配ボックスの設置で期待される再配達の削減。福井県あわら市では実証実験も
宅配ボックスの普及に向けて補助金も。増加する再配達削減に向けての調査~宅配便等取扱個数の調査~
「ドローンで宅配」が現実に?千葉市で実証実験開始、2019年の実用化を目指す
国交省も乗り出した、再配達を減らす"次世代型ポスト"とは?

出発:

到着:

日付:

時間:

test