Jアラートとはどのようなシステムか。万一の弾道ミサイル飛来時のためにするべきこと

LIFULL HOME'S PRESS

Jアラートとはどのようなシステムか。万一の弾道ミサイル飛来時のためにするべきことの記事画像

頻繁に発射される北朝鮮の弾道ミサイル


最近、北朝鮮による弾道ミサイル発射のニュースを頻繁に耳にするようになった。特に2017年8月29日早朝に北朝鮮から発射され、北海道上空を通過した弾道ミサイルに恐怖を覚えた人は多いのではないだろうか。
北朝鮮から日本に向けて弾道ミサイルが発射された場合、極めて短時間で飛来することが予想される。その際に政府は、Jアラート(全国瞬時警報システム)によって緊急情報を伝える。29日も北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、長野県を対象に伝えられた。

では、Jアラートとはいったいどのようなシステムなのだろうか。また、Jアラートによって緊急情報を得た際の対処法も確認したい。


Jアラートとは、弾道ミサイル情報のほか津波警報など緊急事態に関する情報を伝えるシステム。どのような仕組みになっているのだろうか。また、Jアラートによって緊急情報を得た際の対処法も確認したい。



緊急情報を国民へ瞬時に伝達するシステム


Jアラートとは、弾道ミサイル情報のほか津波警報など緊急事態に関する情報を内閣官房または気象庁から送信し、各市町村の防災行政無線などを自動起動することで、国民へ瞬時に伝達するシステムだ。伝達方法は携帯電話やスマートフォンへのメール、屋外スピーカーなどがある。

Jアラートの目的は、時間的に猶予のない緊急事態の発生を国民に伝え、迅速な避難行動を促すことだ。その実現のため以下のような特徴がある。

・瞬時性
各市町村の防災行政無線などを自動起動させることで、休日や夜間など役所の職員が稼働していないときでも国民に直接情報を伝達することが可能。

・耐災害性
衛星回線と地上回線の2系統による情報受配信と送信・管理システムのバックアップ拠点を有するので災害に強い。


Jアラートは、内閣官房または気象庁から送信され、各市町村が設置した屋外スピーカーやスマホのメールなどを通じて伝達される(出典:「Jアラートの概要」(総務省消防庁))



Jアラートで伝達される情報は全部で25種類


Jアラートは、2007年から一部の情報の送信が開始され、2014年にはすべての市町村で受信機の整備が完了。2016年にはすべての市町村で自動起動装置の整備が完了した。

Jアラートで配信される情報は、全部で25種類ある。そのうち弾道ミサイルなど11情報は、原則として自動で伝達される。残りの震度速報など8情報は各自治体の設定によって自動で伝達。記録的短時間大雨情報など6情報は緊急性がないといった理由で自動では伝達されない。どの情報が伝達されるかは下の図で確認してほしい。


Jアラートで伝達される情報は全部で25種類。◎の11情報は自動で伝達される。〇の8情報は各自治体の設定で自動伝達、△の6情報は自動では伝達されない(出典:「Jアラートの概要」(総務省消防庁))



Jアラート受信後の避難方法


では、弾道ミサイルを例にどのように情報が伝達されるか確認してみよう。

1.弾道ミサイルが日本に飛来する可能性があると判断されると、次のような情報と呼びかけが伝達される。
「ミサイル発射。ミサイル発射。北朝鮮からミサイルが発射された模様です。頑丈な建物や地下に避難してください」

2.さらに弾道ミサイルが日本の領土・領海に落下する可能性がある場合は、次のような呼びかけがある。
「直ちに避難。直ちに避難。直ちに頑丈な建物や地下に避難して下さい。ミサイルが落下する可能性があります。直ちに避難して下さい」

3.そして弾道ミサイルが日本の領土・領海に落下したと推定された場合は、次のような知らせがある。
「ミサイル落下。ミサイル落下。ミサイルが●●地方に落下した可能性があります。続報を伝達しますので、引き続き屋内に避難して下さい」

北朝鮮から発射された弾道ミサイルは、極めて短時間で日本へ飛来する。たとえば、北朝鮮西岸の東倉里(トンチャンリ)付近から発射された場合、約10分後には沖縄県先島諸島上空を通過する。したがって、我々は速やかに避難しなければならない。

避難場所は次のような場所が考えられる。

・屋外にいる場合は近くの頑丈な建物や地下
・屋内にいる場合は窓から離れた場所
・自動車に乗っている場合はガソリンに引火する危険性があるので、離れて頑丈な建物や地下へ
・高速道路など自動車から出られない場合は、安全な場所へ停めて車内で姿勢を低くする


Jアラートとは、弾道ミサイル情報のほか津波警報など緊急事態に関する情報を伝えるシステム。どのような仕組みになっているのだろうか。また、Jアラートによって緊急情報を得た際の対処法も確認したい。



MVNO端末を利用している場合は要注意


多くの人にとって、Jアラートの緊急情報を知るツールは、携帯電話やスマートフォンになるだろう。しかし、ここで注意が必要だ。株式会社NTTドコモ、KDDI株式会社、沖縄セルラー電話株式会社、ソフトバンク株式会社を経由する端末はほとんどが受信可能だが、一部できないものもある。受信できる機種は以下のサイトで確認可能だ。
NTT ドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/service/areamail/compatible_model/index.html
KDDI、沖縄セルラー
http://www.au.kddi.com/mobile/anti-disaster/kinkyu-sokuho/enabled-device/
ソフトバンク
http://www.softbank.jp/mobile/service/urgent_news/models/
ワイモバイル
http://www.ymobile.jp/service/urgent_mail/

また、上記携帯大手事業者以外の事業者(MVNO)の場合は、次の端末以外は受信できない。

・iPhone 端末
・Android 端末は「携帯大手事業者の販売端末を同系列の MVNO で使用する場合とMVNO がエリアメール・緊急速報メール(J アラートの配信)の受信機能を確認している場合

詳しくは事業者に確認してほしい。また、もし受信できない端末ならば、次のスマートフォンアプリを利用することで、受信が可能になる。

「Yahoo!防災速報」
https://emg.yahoo.co.jp/

ついに日本上空を弾道ミサイルが通過することになった昨今、Jアラートが発令された場合の対応知らなかったでは取り返しがつかないことになりかねない。ここでしっかり理解し、万一の事態になっても落ち着いて行動できるようにしておきたい。


Jアラートとは、弾道ミサイル情報のほか津波警報など緊急事態に関する情報を伝えるシステム。どのような仕組みになっているのだろうか。また、Jアラートによって緊急情報を得た際の対処法も確認したい。



[関連記事]
地震・水害・他国の攻撃から身を守る。家庭にシェルターを設備するという選択
国土交通省がまとめた「大都市戦略」にみる、大都市の将来像
全国の様々な防災情報を一括で確認できる『国土交通省ハザードマップポータルサイト』
洪水に備えよう!国交省浸水想定区域図・洪水ハザードマップ活用術
一番リスクが高いのは徳島県、低いのは鳥取県。自然災害に対するリスク指標GNSを見る

出発:

到着:

日付:

時間:

test