なぜ還暦で赤い装束を着るのか?本当は怖い長寿の祝いの秘密と江戸話

LIFULL HOME'S PRESS

なぜ還暦で赤い装束を着るのか?本当は怖い長寿の祝いの秘密と江戸話の記事画像

古代は還暦までで十分だった?寿命が伸びると共に徐々に増えた年祝


数え年で61歳になると還暦の祝いが行われる。そしてそのまま何事もなければ、9年後の70歳には古希を迎え、その7年後の77歳には喜寿を迎える。数え年とは、生まれた年を1歳として数えるもので、何月生まれてあっても1月1日に年を取る数え方のことを言う。

このような毎年の誕生日とは別に、ある年齢になったらお祝いをする風習のことを算賀や年祝と呼び、日本では古くから祝いごととして行われてきた。ちなみに今年、還暦を迎えるのは約145万人、丁酉生まれの人たちである。私事で申し訳ないが、筆者もちょうど還暦を迎え、赤い座布団やちゃんちゃんこを頂きそうになった。

さて、これらの年祝はいつ頃から始まったものなのだろうか。実は古く中国をルーツにするものや、近代になって意外と適当にできたものなど、成立した年代でかなりばらつきがある。今回はその歴史的背景や意味、またなぜ還暦の祝いでは赤い装束を着るのかなどを考察してみよう。

まず、現在知られている年祝を年齢順に並べてみる。カッコ内は数え年である。

①還暦(61歳)②古希(70歳)③喜寿(77歳)④傘寿(80歳)⑤半寿(81歳)⑥米寿(88歳)⑦卒寿(90歳)⑧白寿(99歳)⑨百寿(100歳)⑩茶寿(108歳)⑪皇寿(111歳)⑫珍寿(112歳)⑬天寿(118歳)⑭大還暦(121歳)

有名なものだけでも14の年祝があり、それぞれイベントで着る装束の色が決められているのが面白い。還暦の場合は赤色のちゃんちゃんこ、赤い大黒頭巾、赤い座布団の三点セットが一般的で、古希から白寿までは、この三点セットの色が赤色から紫色に変わる。

さて、この年祝の年齢や装束の色は誰がいつ定めたものなのだろうか。様々な歴史資料をたどっていくと、これらは一気に定められたものではなく、古代・中世・近世・現代と、人の寿命が伸びたことによって年祝の種類も徐々に増え、また都度様々な意図をもって定められていったことがわかる。

もともと日本の有史から平安時代までの古代において、年祝いは40歳から10年おきに行われていた。その様子は、奈良時代の資料「懐風藻」や「東大寺要録」などに残されていて、長屋王や聖武天皇が四十賀、つまり40歳になったことを寿ぐ祝典を行ったと記されている。また平安時代の資料「中右記」にも、白河院の五十賀六十賀の記録が見られ、源氏物語の中にも年祝の祝典の様子が描写されている。

古代の寿命から考えれば、年祝も四十賀・五十賀・六十賀くらいで事足りていのだろう。平安時代に即位された天皇31代の平均寿命は44歳であったことから考えても、70歳の古希まで存命な人は本当に稀だったと思われる。


還暦とは60年の干支サイクルが一巡して最初に返ることで、再生や生まれ代りという意味もある



年祝のルーツは有名な孔子の言葉「四十にして惑わず~」


では、この40歳から10年ごとの節目に祝うという風習は、どこから発生したのだろうか。そのルーツは中国春秋時代の孔子の言葉にあると考える。

孔子は、中国の歴史上の人物Best3に必ず入るであろう人物であり、その名を孔丘と言う。紀元前551年、現在の中国山東省南部にあった魯で生まれた。彼の両親は野合であったとされ、現代風にいえば婚外子だったようである。

成人して美丈夫に育ち、身長は216cmもあったというから驚きである。青年期には、魯の国に士官して、地方官として奉職したが、思ったほど芽が出ずに、大国の斉へ職を求めて行く。

ようやく斉の王である景公に気に入られ、ポストを得る直前まで行ったが、宰相の晏嬰に「なるほど孔丘は美丈夫で立派に見える。しかし言っていることは、いたずらに礼典を煩雑にし、予算の増大を招き、倹約令が行き渡って国威が上がってきた今の我が国には無用の人物かと思う」と反対され、失意のうちに斉の国も出て行かざるを得なくなった。

仕方なく、孔子は弟子を引き連れて各国をさすらいながら就職活動をすることになるのだが、結局実らず失意のうちに故郷に帰って残したのが、かの有名な言葉、「吾、十有五にして学に志、三十にして立ち、四十にして惑わず、五十にして天命を知り、六十にして耳順、七十にして心の欲する所に従いて矩を踰えず」である。

この志学・而立・不惑・知命・耳順・従心が、後世に15歳・30歳・40歳・50歳・60歳・70歳を表す言葉になり、それらの年を無事に迎えることができた祝いが、日本の古代の年祝へ大きな影響を与え、定着していったと考えられる。その際、名称が不惑・知命・耳順ではなく、四十賀・五十賀・六十賀となったのは、聖人である孔子と肩を並べる愚を避けた所以だろう。


前漢後期に司馬遷の残した史記の第四十七孔子世家の冒頭部分。孔子の業績は司馬遷から王族並みの評価を受けた



中世に現れた107歳の長寿の女性、77歳、88歳、99歳は忌数の厄払い


さて日本の古代における四十賀・五十賀・六十賀は、鎌倉時代から安土桃山時代頃の中世には鳴りを潜める。代わりに古希や喜寿、米寿、白寿と更に長命な年祝が生まれ、名称もおめでたい言葉を使ったものへと変化していく。

それにしても白寿と言えば99歳、この時代には珍しいほどの長寿の祝いである。このような年祝の長寿化は、鎌倉時代に107歳の長命を全うした女性が現れたことがきっかけとなっていると思われる。彼女の名前は藤原貞子と言い、西園寺実氏の正室で平清盛のひ孫、後嵯峨天皇と後深草天皇の中宮(皇后・皇太后・太皇太后の総称)の御生母様でもある。そんな雲上人が107歳まで長生きしたのだから、宮中では厳かでしめやかな年祝が行われたことだろう。

また70歳の古希、77歳の喜寿、88歳の米寿、99歳の白寿が、藤原貞子の年祝がきっかけで生まれたであろうことは、これらの祝い装束の色が紫色であることにも現れている。と言うのも、紫色はこの時代において実に高貴で意味のある色であり、中国でも日本でも特別に許された者以外の着用は厳格に禁じられた禁色であった。仏教界の最高の名誉も天皇家から下賜される紫色の袈裟、紫衣を賜ることにあったほどである。

当時、この特別な色の紫色を祝いの色として使えるのは、天皇家しか存在していない。後深草と亀山両天皇の祖母に当たる藤原貞子の長寿祝いなら、禁色を使うのは至極当然のことであり、古希、喜寿、米寿、白寿の祝いでも紫色の装束に身を包んで祝ったことと思われる。

さてここでひとつ問題になるのが、なぜ77歳、88歳、99歳という並び数字が年祝として選ばれたのかということである。70歳の古希は、孔子の名言である「従心」であり、杜甫の「人生七十古来稀なり」であることから、古代と中世の橋渡し的な存在として既に認知されていたというのはわかる。

良く言われるのが、「喜=七十七」、「米=八十八」、「白=百ヒク一」という文字遊びによって選ばれたというものだが、この文字が選ばれたのは後付けであって、本来この数字そのものに意味がある。

実は、77、88、99は全て忌数、つまり縁起が悪い数字にあたる。古代から中国の習慣では、奇数と8が縁起が良い数とされているが、それが重複してしまうと逆に大凶に転じてしまうと考えられていた。

つまり77、88、99は大凶の数字であり、あえてその縁起が悪い年齢にお祝いすることで厄払いをしようと考えたのが年祝に選ばれた理由と言うわけである。これは節句の日が3月3日や5月5日であるのも同じ理由による。そしてその際、縁起を担ぐために、それぞれの数字に、喜や米などのおめでたい言葉を当てはめて祝いとしたのだろう。


万葉集にも詠まれた曲水の宴を再現したイベント。雅な装いにも装束の色で歴然とした身分の隔たりがあった



61歳の還暦は江戸時代から仲間入り、花開く江戸の町民文化


61歳の還暦は、江戸時代に入ってから新たに仲間入りした年祝である。干支が60年で一回りして61年目から新たに次のサイクルに入ることで、「暦が還る」という意味で還暦と名付けられた。また、61歳は男女ともに大厄の年にあたり、厄払いの意味も併せ持っている。

厄払いも年祝いも人生の節目となる年齢を祝い祀る風習であることに変わりはないが、還暦は特に厄払いという側面が強いため、祝いの三点セットで使う色が、破魔や退魔を意味する赤色が選ばれている。

江戸の街で暮らす市民にとっては、頻発する火事、水害、梅毒、コレラの蔓延など、実に死が身近にあった時代であった。各地で戦乱に明け暮れた戦国時代よりも、ある意味、市民にとっては、一見平和なだけに、より死の恐怖が支配した時期ともいえる。市井に生きる者たちは、死への恐れが大きければ大きいほど、験担ぎと厄払いを真剣且つ必死に盛大に行っていた。還暦の祝いも忍び寄る死への恐怖の裏返しとして、またさらなる長久を求めて、派手派手しく陽気に行われたのである。

さて江戸期以降、年祝は次々と新設されていくことになる。還暦に加えて、80歳の傘寿、81歳の半寿、90歳の卒寿など、100歳未満のバリエーションが充実していった。

これは、江戸期という政治的安定期に、農業を始め各種産業の生産性が格段に上がり、貨幣経済の発達による商人・町人文化の隆盛で、都市部の生活者の健康状態が大幅に改善されたことによって、裕福な高齢者が市井に増加したことが要因であると思われる。

また江戸元禄期に花開いた町民文化は、とどまるところを知らぬ如くに隆盛を極め、年祝の慣習も江戸の町民たちに大いに歓迎され、無計画且つ御都合主義的に増えていった。

江戸元禄期以降、武家が推し進める米を主軸とした商品経済は、多様化していく都市部の繁栄についていくことができず、商人や町民が主導する貨幣経済が次第に浸透することによって、公家の対面も武家の威信も無力となっていた。禁色の紫色や、羽織袴に名字帯刀までもが、町民たちに金銀貨幣の力でもぎ取られ、元々は宮中や武家社会におけるやんごとなき祝いだった年祝も町民文化として盛んに行われるようになっていったのである。


江戸中期に活躍した天才浮世絵師、鳥居清長の筆による花見の図。当時の風俗が描かれていて、町人たちの豊かな暮らしぶりが伺える



江戸っ子の粋で乙な文字遊び、2002年にできた新しい年祝も


江戸の町民文化のパトロンは主に商人であり、文化流行の担い手となったのは「宵越しの金は持たねぇ」と刹那的消費に明け暮れた一般市民達であった。彼ら「江戸っ子」たちは、「粋(いき)」「乙(おつ)」の世界観に浸かり、消費に明け暮れ、美食や娯楽を求めて、少しでも収入の多い職へと転職を繰り返すことが普通に行われていた。

この「粋」と「乙」とは、粋=心映えがスッキリして垢抜けている様、乙=普通と違ってなかなか面白い味わいのある様のことで、江戸町人たちのアイデンティティであった。

そんな江戸っ子が考え出した年祝であるのだから、中世までのような威厳や根拠はあまり無く、「八十ってぇのは、傘って読めるから傘寿って乙だぁな」的な軽いノリで作られた文字あそびや語呂合わせが主体になっていったのである。

ちなみに一番新しく作られた年祝は緑寿である。2002年9月に日本百貨店協会が提唱したもので、数え年66歳つまり、退職金をもらった後、満65歳の年金受給開始年齢のことである。六十六を緑寿緑と読み替えて「緑寿」ということなのだろうが、果たして粋や乙であろうか。判断は皆様に委ねることとしたい。


年祝に身につける装束の色には、それぞれ意味と願いが込められている。最近は100歳以降に金茶や山吹色などを使うこともある



[関連記事]
「成人の日」の歴史とお祝いの相場。そして、世界の成人の儀式とは?
11月15日は七五三。子供の成長と幸せを祈る七五三の由来は?
女の子の節句、雛祭り。その起源と風習を紐解く
端午の節句は実は女性のための節句?その由来と伝統を知ろう
2017年の干支は「丁酉」。どんな年になる?60種類ある干支の意味とは

出発:

到着:

日付:

時間:

test