電車遅延の半分以上を占める原因とは?~国土交通省「遅延証明書の発行状況」

LIFULL HOME'S PRESS

電車遅延の半分以上を占める原因とは?~国土交通省「遅延証明書の発行状況」の記事画像

東京圏の都市鉄道で最も多く遅延証明書を発行しているのは?


国土交通省は2017年12月22日、東京圏の都市鉄道における「2016年度の1ヶ月(平日20日間)あたりの遅延証明書発行日数状況」を公表した。
遅延証明書は、対象となる運行時間帯等の発行条件の違いはあるものの、各鉄道会社から"5分以上の遅れ"に対して発行されるものだ。今回の調査結果では、東京圏の45路線を対象に、平日20日間当たりで見た場合の遅延状況が可視化されている。

まずは遅延証明書発行日数状況から見てみる。
遅延証明書の発行率が高かった3路線は「JR中央線・総武線各駅停車(三鷹~千葉)」で「19.1日」、「JR宇都宮線・高崎線(上野~那須塩原・神保原)」、「東京メトロ千代田線」(共に18.4日)、「JR中央快速線・中央本線」(18.3日)で、平日20日間中18日以上とほぼ毎日遅延が発生している結果となった。
特に「JR中央線・総武線各駅停車(三鷹~千葉)」(2015年度18.7日)、「JR宇都宮線・高崎線(上野~那須塩原・神保原)」(2015年度19.7日)は、昨年2015年度の調査でも1位と2位を占めており、日常的に遅延が起こる状況は解消されていないようだ。
なお、遅延証明書の発行日数が平日20日間中10日間を超えたのは45路線中29路線にのぼり、1ヶ月(平日のみ)の半分以上で遅延している路線は全体の3分の2近くにのぼっている。


東京圏(対象路線45路線の路線別)における1ヶ月(平日20日)あたりの遅延証明書発行日数状況(平成28年度)<BR />参照:国土交通省『東京圏における大規模な遅延の発生状況』を元に作成



相互直通運転をしている路線が遅延発生が多い傾向に


「遅延証明書発行日数状況」には、30分超の大幅な遅延に伴う証明書の発行日数も公表されている。
多い順に「JR埼京線・川越線(大崎―新宿―武蔵高萩間)」(3.5日)、「JR宇都宮線・高崎線(上野―那須塩原・神保原間)」(2.5日)、「JR東海道線(東京―湯河原間)」と「JR横須賀線・総武快速線(大船―東京―稲毛間)」(2.1日)など、上位10位すべてがJRという結果になった。
反対に、東武野田線や東急多摩川線、京王井の頭線など、相互直通運転をしていない路線は、規模に関わらず遅延の発生は少なくなっており、他路線との相互直通運転をしている比較的長距離の路線で遅延が多く発生する傾向にあるようだ。

国土交通省は、東京圏における今後の都市鉄道のあり方について、まずは遅延の現状の状況を分かりやすく『見える化』することが重要であるという位置付けのもと、今年度分から遅延の発生状況を地図化した資料も公表している。


東京圏の各路線ごとに遅延の状況が色分けされている<BR />参照:国土交通省『東京圏における大規模な遅延の発生状況』



大規模な遅延と小規模な遅延の発生状況の違い


では、こうした遅延はどのような理由で発生しているのだろうか。調査結果では、小規模な遅延(10分未満)と大規模な遅延(30分以上)に分けて公表されている。
※「他線からの遅延」の回答分については、当該要因以外の遅延要因として振り分けされている。

まず、小規模な遅延の発生状況を見てみると、原因の約94%が利用者に関連する「部外原因」となっている。そのうち、「乗車時間超過」が47.2%、「ドア再開閉」が16.0%と、かけこみ乗車などの利用者のマナーに起因すると思われる原因が約63.2%を占めており、「電気設備の故障」や「車両故障」など、鉄道会社の側の運用体制に起因する「部内原因」は約6%に留まっている。
一方、大規模な遅延の原因については、車両や設備の故障等の「部内要因」が約23%で、加えて地震や雪害などの「災害原因」も約8%存在する。また部外要因は、「自殺」(43.6%)や「線路立ち入り」、「線路妨害」などの「その他」が21.8%となっており、同じ東京圏の路線であっても、小規模な遅延と大規模な遅延とで、遅延の発生状況に違いがあることがわかる。


10分未満の小規模な遅延と30分以上の大規模な遅延の原因について<BR />参考:国土交通省 『東京圏における遅延の原因について』



ホームドアの増設やダイヤ調整などの各鉄道会社の取組み


こうした遅延に対し、各鉄道会社は様々な対策を講じている。
主な原因が車両故障や線路立ち入りが多い大規模な遅延対策としては、ホームドア整備や車両の主要機器の二重化(故障の際のバックアップ)、そして、輸送トラブルが発生した場合の影響をできるだけ小さくするための折返し線の設備強化などを実施している。また、利用者の乗降時間の超過やドアの再開閉が多い小規模な遅延対策としては、混雑時のスムーズな乗り降りを促すためのホーム上の乗車位置サインの変更や、輸送実態を踏まえたダイヤ調整や混雑時間帯の増発などで対応を進めている。
今回、遅延発生の頻度が目立ったJR東日本では、2017年8月現在で山手線と京浜東北線併せて25駅に導入しているホームドアを、2020年度末までに新しく33駅に導入予定だ。また、総武線各駅停車(千葉~秋葉原)では、早朝時間帯にSuica ポイントプレゼントをすることで、朝の通勤利用の時間帯を分散させるキャンペーンを2017年7月に実施した。

ただ、各鉄道会社による取組みが進む中、駆け込み乗車や"ながらスマホ"をやめるなど、利用者の意識を変えることによって遅延が改善できる余地も大きいといえる。
運行時間の正確性において、世界でもトップレベルを誇る日本の都市鉄道。今後の取組みによって、どこまで遅延を少なくできるのか、期待したい。


ホーム混雑時のスムーズな乗り降りを促す乗車位置サインの変更(京王電鉄の事例)<BR />出典:国土交通省『「東京圏対象45 路線を有する各社局の遅延対策の取組状況』



調査概要


『遅延の「見える化」について』
東京圏(対象路線45路線の路線別)における1ヶ月(平日20日間)当たりの遅延証明書発行日数状況(平成28年度)
東京圏における遅延の原因について(10分未満の小規模な遅延/30分以上の大規模な遅延)
都市鉄道における遅延対策の推進について
発表:国土交通省 平成29年12月22日


東京圏の電車で最も多く遅延証明書が発行されたのはどの路線だろうか?国土交通省が公表した「2016年度の1ヶ月(平日20日間)あたりの遅延証明書発行日数状況」から、都市圏の電車遅延の状況について見ていく。



[関連記事]
最も遅延率が高かった路線は?~首都圏11事業者遅延証明書の発行状況
「開かずの踏切」新たに529ケ所が指定。その現状と解消に向けた動き
年末年始の渋滞が発生しやすい高速道路は?~国土交通省「年末年始の渋滞ランキングとりまとめ」
睡眠時間は10%減少、通勤を含む移動時間が増加~大都市交通センサスから見る10年間の変化
変わりゆく東京の交通網。虎ノ門の新駅、蒲蒲線、メトロセブン…。実施路線・計画路線をみる

出発:

到着:

日付:

時間:

test