誰もが知ってる用賀の老舗『タパス&タパス』 親子三代で訪れる常連も!~タパス&タパス 用賀店:東京=美味案内―お店選びの手引き

ジョルダン

誰もが知ってる用賀の老舗『タパス&タパス』 親子三代で訪れる常連も!~タパス&タパス 用賀店:東京=美味案内―お店選びの手引きの記事画像
変わらないのに飽きられない!?
誰もが知っている! 用賀の老舗店


親子三代で訪れる常連も!
その秘密は「影の立役者」


スペインバル・ブームはもちろん、スペインバルという言葉すら聞かなかった約30年前に「タパス(スペインの小皿料理)」の名称を店名に創業。その後、オリジナリティー溢れるスパゲッティメニューなど、日本人向けにアレンジした南欧料理とともに店舗数を拡大。現在は東京を中心に22店舗を構えるまでに成長した。

中でも10号店にあたる『タパス&タパス 用賀店』は、開店17年目を迎えるお店。オープン当時から変わらない雰囲気とインテリアも手伝い、多くの地元常連客が通ってくる。「親子三世代で来店される方もいらっしゃいます。本当にありがたいです」とは、エリアマネージャーの難波氏。用賀店のほかに、自由が丘店、学芸大店など、世田谷区と目黒区の計6店舗の店長を担当。ブランドを陰で支える立役者だ。

“キハダ鮪のレアステーキ”や“こだわりトマトソースの冷製スパゲッティ”など旬や季節に合わせた料理も複数用意

【美味案内 お店選びの手引き】
本格鱧料理にレアな冷しひれ酒!夏こそ訪れたい淀川の名物居酒屋―季節料理 遊仙(大阪・西中島/鱧料理)
骨を感じさせない食感と強烈な旨味の「鱧しゃぶ」―むつの家(京都・木屋町/鱧料理)
【美味案内】

出発:

到着:

日付:

時間:

test