33年に1度 唯一の「勅封秘仏」、滋賀・石山寺で特別拝観

本尊「如意輪観世音菩薩」(石山寺提供)

滋賀県大津市の石山寺は18日から、通常は33年に1度しか公開しない本尊の「如意輪観世音菩薩」の特別拝観を実施する。天皇の命で封印された仏像としては日本唯一の「勅封秘仏」で、高さは約5メートル。平安時代の作とされている。

期間は12月4日まで。併せて、承暦2年(1078年)の火災で損壊した初代本尊の断片と、2002年に本尊から発見された4体の胎内仏を特別公開する。

石山寺は西国三十三所観音霊場の第13番札所で、紫式部が「源氏物語」を起筆したと伝わる。入山料は個人600円、本尊の特別拝観料が同500円。同時開催する「石山寺と紫式部」展(同300円)と合わせたセット券は1200円。




初代本尊の左足先


「如意輪観世音菩薩」の胎内仏


※画像はすべて石山寺提供

-->
  • 社会
  • 国際
  • 芸能
  • トラベル
  • 雑学
  • 雑誌
 ジョルダン乗換案内

出発:

到着:

日付:

時間:

トピックス

<PR>おすすめ情報