JRと東武の駅長が握手 特急直通運転10周年で

ジョルダン

JRと東武の駅長が握手 特急直通運転10周年での記事画像
JR新宿駅の北村壽秀駅長(左)と東武日光駅の加藤哲也駅長

JR東日本と東武鉄道を直通運転する特急列車が18日、運行開始から10周年を迎えた。同日午前、JR新宿駅で「スペーシアきぬがわ3号」(新宿10時31分発・鬼怒川温泉12時38分着)の出発前に同駅駅長と東武日光駅長が記念の握手を交わした。

同列車の乗客には日光観光大使を務める書道家の涼風花さんが車内で記念品を配布。鬼怒川温泉駅に到着後は「日光市女将の会」やご当地キャラクターが出迎え、甘酒などでもてなしたほか、涼さんによる書道が披露された。

両社は2006年3月18日、JR宇都宮線と東武日光線が隣接する栗橋駅(埼玉県久喜市)の構内に設けた専用線を通る直通列車の運行を開始。当時、日光への送客を巡って両社が手を組んだことは「競争から協調へ」と報じられたという。現在は新宿~東武日光・鬼怒川温泉間で特急列車が1日4往復している。










JR日光駅の飯村和幸駅長(前列左から4人目)が出席


この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test