北海道新幹線が開業 新函館北斗から一番列車

ジョルダン

北海道新幹線が開業 新函館北斗から一番列車の記事画像
入線する一番列車の北海道新幹線「H5系」

北海道新幹線の新青森~新函館北斗間(148.8キロ)が26日、開業した。6時35分、新函館北斗駅で上りの一番列車「はやぶさ10号」東京行きが出発した。

旭川から一番列車に乗りに来た高校生は「最先端の新幹線で北海道を元気にしてほしい」、札幌から家族で来た10歳の男の子は「在来線の特急がなくなるのはさみしいけど、新幹線に乗るのが楽しみ」と乗車前に語った。

新幹線を見学するため、入場券を買いに早朝から大勢の人が列に並んだ。函館市内の10歳の男の子は「新幹線で青森へ行って列車の写真を撮りたい」と話していた。

JR北海道は同駅で開業式典と出発式を開催。石井啓一国土交通相、北海道の高橋はるみ知事、同社の島田修社長が出席してテープカットやくす玉割りで開業を祝った。

7時38分には新青森駅を始発とする下り列車「はやて91号」が到着。高橋知事らが駅に降り立った乗客を出迎えた。

北海道新幹線は1日13往復を運行する。東京~新函館北斗間の所要時間は最速で4時間2分。新函館北斗~函館間(17.9キロ)は在来線のアクセス列車「はこだてライナー」が最速15分で結ぶ。
















新函館北斗駅出発式(提供:JR北海道)


新函館北斗駅出発式(同)

この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test