南阿蘇鉄道、一部再開へ 31日中松~高森間で

ジョルダン

南阿蘇鉄道、一部再開へ 31日中松~高森間での記事画像
高森駅の構内

熊本県の南阿蘇鉄道は31日、熊本地震の影響で全線が不通になった高森線の中松駅~高森駅間(約7キロ)の運行を再開する。同区間は被害の程度が比較的軽く、復旧作業が進んだため。普通列車とトロッコ列車を合わせ、1日4往復を運行する。再開するのは108日ぶり。

南阿蘇鉄道は旧国鉄の高森線を引き継いだ第三セクター。4月の熊本地震で土砂流入によって線路が分断されたほか、トンネルや鉄橋に多くの被害が発生し、立野~高森間の全線(17.7キロ)が不通になった。

全線復旧に向けては、由利高原鉄道、ひたちなか海浜鉄道、いすみ鉄道、若桜鉄道の第三セクター4社が共同で「復興祈念切符」を販売するなど、全国に支援の輪が広がっている。





高森駅の駅舎内で復興支援グッズを販売中



中松駅の駅舎



全国の第三セクター4社が参加した「復興祈念切符」

この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test