両国旧駅舎に「江戸の味」12店舗 新施設開業

ジョルダン

両国旧駅舎に「江戸の味」12店舗 新施設開業の記事画像
JR両国駅西口の旧駅舎を活用した商業施設「両国 江戸NOREN(のれん)」が25日開業した。江戸前寿司や深川めしなど江戸伝統の味を楽しめる12の和食店が出店。近隣の両国国技館や「すみだ北斎美術館」(22日開業)などとともに「江戸」をテーマにしてエリア全体を盛り上げ、国内外からの観光客を呼び込む。

1929年に建てられた旧駅舎のコンコースを町屋風にリニューアルし、中央には日本相撲協会監修の土俵を置いた。入口近くには墨田区の観光案内所を設置し、観光客の街歩きをサポートする。

出店したのは、江戸伝統の赤酢のシャリが特徴の「つきぢ神楽寿司」、築地市場から仕入れた食材を用いる「月島もんじゃ もへじ」、「深川あさり蒸籠飯」が看板メニューの「門前茶屋成る口」など12店舗。いずれも江戸・東京の名物を和の趣きのある店内で味わえるつくりになっている。




「つきぢ神楽寿司」




「月島もんじゃ もへじ」



「門前茶屋成る口」



この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test