大井川鉄道井川線、2年半ぶりに全線再開 3月11日から

ジョルダン

大井川鉄道井川線、2年半ぶりに全線再開 3月11日からの記事画像
大井川鉄道は11日、土砂崩れで一部が不通になっていた井川線(千頭~井川、25.5キロ)について、3月11日から全線で運転を再開すると発表した。全線復旧は2年半ぶり。

井川線は2014年9月2日に閑蔵駅付近で発生した土砂崩れにより、現在、千頭~接岨峡温泉間(15.5キロ)での折り返し運転が続いている。

再開する接岨峡温泉~井川の区間は、川底からの高さが鉄道橋として日本一の「関の沢橋梁」や、「秘境駅」で知られる尾盛駅などの見どころがある。尾盛駅は1日平均乗降人員が1人(13年度)という。

3月18日には地元自治体などが参加して記念式典を開く。


関の沢橋梁(以下、大井川鉄道提供)


尾盛駅


井川駅

この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test