相鉄・平沼橋駅がリニューアル JR利用者にも魅力発信

ジョルダン

相鉄・平沼橋駅がリニューアル JR利用者にも魅力発信の記事画像

リニューアルした平沼橋駅(相模鉄道提供)

相鉄グループは12日、相鉄線・平沼橋駅(横浜市西区)のリニューアルが16日に完成すると発表した。駅舎の改修でイメージを刷新。線路脇に設置した電車4.5両分の幅の巨大なメッセージボードで沿線の魅力をPRする。

将来のJR線・東急線との相互直通運転を見据えて相鉄グループが進める「デザインブランドアッププロジェクト」の一環で、2015年3月に着工した。沿線のイメージ向上を図る同プロジェクトのコンセプトを全面的に駅施設に適用した初の事例という。

落ち着いた雰囲気を出すため、駅舎の内外装から柱、自動販売機までを濃いグレーで統一。照明は昼夜で色を変えられる調光機能付きを採用した。

また、幅が広いベンチを設け「従来のひと席あけたくなるベンチの座りづらさを解消する」(同社)。小さな子供と一緒に座れたり、荷物を横に置いたりできる設計で、今後、相鉄線全駅に同様のベンチを導入する。

広告看板があった横浜駅側の上り線の脇には高さ3メートル・長さ約90メートルのボードを設置した。並走するJR線の利用者に対し「相鉄グループのブランドメッセージや沿線の魅力などを発信していく」(同社)方針だ。




幅を広くしたベンチ


線路脇に設置した「メッセージボード」

※画像はすべて相模鉄道提供

この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test