東武の新型特急車両「リバティ」、4月21日のダイヤ改正で導入

ジョルダン

東武の新型特急車両「リバティ」、4月21日のダイヤ改正で導入の記事画像

新型特急車両「リバティ」(東武鉄道提供)

東武鉄道は18日、26年ぶりとなる新型特急車両「リバティ」の運転概要を発表した。4月21日のダイヤ改正で導入。日光・鬼怒川エリアへの観光特急のほか、都心とベッドタウンを結ぶ通勤・帰宅時間帯の近距離特急として運行する。

リバティは3両固定編成を途中駅で併結・分割することで、柔軟な運用ができるのが特徴。浅草と東武日光、鬼怒川温泉方面、会津田島、館林を結ぶ観光特急として走らせる。

リバティの導入により都心と日光・鬼怒川エリアを結ぶ特急を平日は5本、土休日は9本増発する。野岩・会津鉄道に直通する「リバティ会津」は上下各4本。下今市で東武日光を発着する「リバティけごん」と併結・分割する。

さらに、通勤・帰宅時間帯に浅草~春日部間で「スカイツリーライナー」、帰宅時間帯に浅草~大宮・野田市、大宮~運河間で「アーバンパークライナー」を運行。ラッシュ時の着席ニーズに対応する。

スカイツリーライナー、アーバンパークライナーともに下り列車はせんげん台に停車する。料金はせんげん台までが410円で、同駅以降は乗車券のみで乗車できる。大宮発・運河行きの列車は春日部までが310円。一方、春日部発の上りスカイツリーライナーは料金を510円に設定した。




時刻表は同社資料より作成

この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test