「駅長犬」「うなりくん」も盛り上げ JR成田駅で開業120周年イベント

ジョルダン

「駅長犬」「うなりくん」も盛り上げ JR成田駅で開業120周年イベントの記事画像
JR東日本千葉支社は28日、JR成田駅の開業120周年を記念するイベントを開いた。鏡開きや記念入場券の販売、「お仕事体験」などのイベントを実施。同支社のマスコットキャラクター「駅長犬」や成田市の「うなりくん」も登場し、駅前広場は多くの人でにぎわった。

記念式典には成田駅の小林伸夫駅長、成田市の小泉一成市長らが出席。小林駅長は「これからも成田駅の社員一同、地域の皆さまと歩んでいきたい」とあいさつした。

同駅は明治30年(1897年)1月19日、当時の成田鉄道(1920年に国有化)が開設。成田山新勝寺への玄関口として、初詣や縁日などの参拝客に利用されてきた。現在の駅舎は79年に完成した3代目。

31日までは改札外の待合室で成田駅周辺の古い写真などを展示する。









開業120周年記念の枡




子供駅長制服で記念撮影



線路に落ちた物を拾うマジックハンドの体験



紅白の餅も無料で配布





成田駅の旧駅舎(1971年頃、JR東日本千葉支社提供)

この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test