東京メトロ銀座駅で「熊本産直市」 3月引退の「01系」も復興応援

ジョルダン

東京メトロ銀座駅で「熊本産直市」 3月引退の「01系」も復興応援の記事画像
熊本のイチゴをPRする「くまモン」

東京メトロは2日、銀座駅のコンコースで熊本の観光をピーアールする「熊本産直市」を開いた。県産品のイチゴや銘菓などを販売するほか、熊本県営業部長「くまモン」と東京メトロ地域応援キャラクター「駅乃みちか」が登場するPRイベントを開催。東京の中心、銀座から熊本地震の被災地を応援する。

産直市は2日と3日の2日間、12時から19時まで開催。くまモンと駅乃みちかが共演するイベントも1日2回開く。

同社は現在、銀座線で「01系」を使用した「くまモンラッピング電車」を運行し、熊本の復興を応援している。01系は1983年に運行を始めた旧式の車両で計228両38編成が製造された。新型の「1000系」への置き換えが進んでおり、3月10日に営業運転を終える予定だ。



くまモンと「駅乃みちか」(右)は初共演




熊本電鉄のオリジナルグッズも販売



3月10日に引退する「01系」(くまモンラッピング電車)




通常デザインの「01系」(東京メトロ提供)

この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test