小海線の新観光列車「1375」、7月運行開始

ジョルダン

小海線の新観光列車「1375」、7月運行開始の記事画像

ロゴデザインのイメージ(JR東日本長野支社提供)

JR東日本長野支社は20日、小海線に導入する観光列車の愛称が「HIGH RAIL 1375(ハイレール イチサンナナゴ)」に決まったと発表した。コンセプトは「天空にいちばん近い列車」。高原を走るのが特徴の小海線にちなみ、野辺山~清里間のJR線標高最高地点(1375メートル)から名付けた。

2両編成で気動車の「キハ110系」「キハ100系」を改造する。車体には小海線から見える夜空や八ヶ岳などをデザインする。7月以降、夏休み期間中や土休日を中心に小淵沢~小諸間で運行する予定だ。運転時刻やサービスは決まり次第発表する。

同支社は現在、長野~松本~南小谷で「リゾートビューふるさと」(HB―E300系)、長野~十日町で「おいこっと」(キハ110系)といった「のってたのしい列車」を運行している。新観光列車は7~9月に開催する信州の大型観光キャンペーンに合わせて導入する。



外観デザインのイメージ(JR東日本長野支社提供)



飯山線の観光列車「おいこっと」

この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test