長野・姨捨に「夜景バー」 豪華寝台「四季島」立ち寄り駅

ジョルダン

長野・姨捨に「夜景バー」 豪華寝台「四季島」立ち寄り駅の記事画像
JR東日本長野支社は4日、豪華寝台列車「トランスイート四季島」が立ち寄る篠ノ井線・姨捨駅(長野県千曲市)の「夜景バー」を報道陣に公開した。四季島の乗客に「日本三大車窓」で知られる善光寺平の夜景を信州の酒とともに楽しんでもらおうと整備した。

夜景バーの名称は「更級(さらしな)の月」。1934年に建てられた駅舎に隣接して新設した。内装は信州の味噌蔵をイメージ。メニューはホテルメトロポリタン長野のシェフが手掛ける。ジビエを使った「信州ピンチョス」や旬の野菜・山菜、漬物とフルーツの構成で2~3カ月ごとに更新する。

地酒やワインなどを取りそろえ、酒を飲まない人のためにあんずのハーブティーを用意する。

四季島は5月1日に運行を開始。姨捨駅は春~秋の1泊2日コースで降車する。

(最終更新 2017/3/4 22:04)









ホテルメトロポリタン長野の上海正博洋食料理長





訓練運転で姨捨駅に到着した「トランスイート四季島」








この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test