レンタカーに長野の観光列車デザイン 「おいこっと」などイメージ

ジョルダン

レンタカーに長野の観光列車デザイン 「おいこっと」などイメージの記事画像
JR東日本長野支社は24日、観光列車「おいこっと」と「リゾートビューふるさと」をデザインしたラッピングレンタカーを長野駅で報道陣に公開した。両列車をあしらった高速バスも登場。県内を走る観光列車を前面に押し出し、7~9月に開催する「信州デスティネーションキャンペーン」をピーアールする。

同支社は飯山線でおいこっと、長野~松本~南小谷でリゾートビューふるさとを運行している。ジェイアール東日本レンタリース長野支店の藤村朗営業部長は「家族連れなどが観光列車に乗り、さらに同じ柄のレンタカーで観光地を訪れてほしい」と話していた。

ラッピングを施したのはホンダの「フィット」。おいこっとの車両は飯山駅、リゾートビューふるさとの車両は松本駅の駅レンタカー営業所で27日から貸し出しを始める。実際のリゾートビューふるさとはハイブリッドシステムを搭載しているが、フィットはガソリン車。担当者は「列車のデザインを再現することを重視した」と説明する。

一方、ジェイアールバス関東は、両列車と沿線の観光地を側面などに描いた日野自動車「セレガ」の新車1台を導入。主に4月以降、新宿~佐久・小諸線で1日1~1.5往復運行する。














飯山線観光列車「おいこっと」(JR東日本長野支社提供)


「リゾートビューふるさと」(同)

この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test