買って食べて東北応援 JAL本社で物産販売会

ジョルダン

買って食べて東北応援 JAL本社で物産販売会の記事画像
日本航空(JAL)は12日、東京都品川区の本社ビルで東北6県の物産販売会を開いた。開催は4回目。会場には同社社員や近隣で働く人たちが訪れ、各県の名産品の買い物を楽しんだ。

会場入口には青森県の「決め手くん」、岩手県の「そばっち」、福島県の「キビタン」、山形県の「ペロリン」ら各県のゆるキャラが並んで来場者をお出迎え。東北出身の同社グループ社員も県別のブースで販売を手伝った。

売り場には青森県のリンゴジュースや秋田県のいぶりがっこといった定番商品から人気のスイーツ、地酒まで各県自慢の商品が勢ぞろい。来場者は試食をしながら職場で食べるおやつや家族への土産を選んでいた。











この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test