大阪・梅田「阪急三番街」がリニューアル 「古書のまち」も移転開業

ジョルダン

大阪・梅田「阪急三番街」がリニューアル 「古書のまち」も移転開業の記事画像
阪急梅田駅の商業施設「阪急三番街」(大阪市北区)が27日、リニューアルオープンした。梅田エリアに初出店する新業態の店舗をはじめ73店舗が開業。ターミナル駅直結の好立地を強みに、働く女性や家族連れの利用を見込む。

阪急電鉄と阪急阪神ビルマネジメントが北館と南館の一部を改装した。36店舗が新たに出店したほか、既存の37店舗をリニューアル。阪急三番街は合計で253店舗になる。

北館1階には化粧品や雑貨、食料品のセレクトショップなど、30~40代の女性を意識した店舗を揃えた。阪急三番街の担当者は「働く女性などが、自分へのご褒美など、日常的に使ってもらえることをコンセプトにした」と説明する。

ブロック玩具の「レゴ(R)ストア」や認定プロビルダーの三井淳平氏の作品を展示する「HANKYU BRICK MUSEUM(ブリック・ミュージアム)」も北館1階にオープンした。

南館1階には紀伊國屋書店に隣接して「うめ茶小路」が誕生。「阪急古書のまち」から古書や美術品などを扱う9店舗が移転開業した。併せてメード・イン・ジャパンにこだわったバッグやメガネなどの専門店が開店した。

26日に報道関係者向けの内覧会を開いた。







ベキュアハニー マルシェ(化粧品)


ベキュアハニー マルシェのジュースバー


久世福商店(食料品・ジェラート)


レゴ(R)ストア


HANKYU BRICK MUSEUM


4万個のブロックで制作した「阪急梅田駅」


3万5000個のブロックで制作した「阪神甲子園球場」


うめ茶小路


REN(バッグ・革小物)



稀珍堂書店(古書籍)

この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test