6月にディーゼル機関車けん引の記念列車 佐倉~銚子開業120周年で

ジョルダン

6月にディーゼル機関車けん引の記念列車 佐倉~銚子開業120周年での記事画像

総武本線開業120周年記念号のイメージ(JR東日本千葉支社提供)

JR東日本千葉支社は28日、6月に総武本線・佐倉~銚子間で同区間の開業120周年を記念した臨時列車を1往復運行すると発表した。ディーゼル機関車(DL)「DE10形」が国鉄時代の「12系」客車5両をけん引する。

総武本線の佐倉~成東間は1897年(明治30年)の5月1日、成東~銚子間は6月1日に開業した。

同支社は専用ヘッドマークを付けた快速「総武本線開業120周年記念号」を6月3日に佐倉から銚子まで、4日に銚子から佐倉まで走らせる。途中、成東、八日市場、旭の各駅に停車。一部の駅で地元自治体がおもてなしをする。

往復とも定員は1列車あたり424席で全席指定。うち40席は銚子電鉄仲ノ町駅での「鉄道体験」を組み入れた日帰りの旅行商品で販売する。

12系客車はかつて成田山への初詣列車などでも活躍していた。120周年記念号で使用するDLと客車は高崎車両センター所属。今年1月に館山~勝浦間で「DL勝浦」として運行した。

この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test