「何度も来たくなる場所に」 京都鉄道博物館が開業1周年

ジョルダン

「何度も来たくなる場所に」 京都鉄道博物館が開業1周年の記事画像
蒸気機関車(SL)や新幹線など国内最大規模の53両を展示する京都鉄道博物館が29日、開業から1周年を迎えた。同日午前、三浦英之館長らが出席して記念セレモニーを開催。乗車体験ができる「SLスチーム号」に取り付ける記念のヘッドマークをお披露目した。

記念セレモニーには館内の各職場で働くスタッフが出席した。三浦館長はあいさつのなかで「これまでは話題性があったが、これからは博物館としての真価が問われる」と指摘。企画展やイベントの開催、資料の収集・保存活動を充実させることで「何度も来たくなる博物館となるように精一杯取り組みたい」と述べた。

同博物館によると、28日時点で開業からの累計来館者数は約150万人となり、目標の130万人を上回った。三浦館長は記者団に対し、今後は展示車両の車内公開の機会を増やしていく方針を示した。

同日は1周年記念イベントとして、通常は外からの見学のみが可能な「SL第2検修庫」の初の一般公開や、「500系」新幹線の車内公開などを実施。併せてミュージアムショップで、人気商品の「ブレーキハンドル型ペットボトルキャップオープナー」の新色など、記念のオリジナルグッズの販売を始めた。





三浦英之館長(左端)と博物館のスタッフ



記念セレモニーであいさつをする三浦館長



記念ヘッドマークを付けた「SLスチーム号」


ブレーキハンドル型「ペットボトルキャップオープナー」


博物館限定の「サクマドロップス」


「SL第2検修庫」の一般公開

この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test