京阪「プレミアムカー」お披露目 有料の座席指定車両、8月20日導入

ジョルダン

京阪「プレミアムカー」お披露目 有料の座席指定車両、8月20日導入の記事画像
京阪電気鉄道は19日、8月20日に営業運転を始める座席指定の有料車両「プレミアムカー」を寝屋川車庫(大阪府寝屋川市)で報道陣に公開した。大阪と京都を結ぶ特急に1編成あたり1両を組み入れ、観光やビジネスで利用する乗客の着席ニーズを取り込む。

大阪・淀屋橋~京都・出町柳間で主に特急列車として運用している8000系車両の6号車にプレミアムカーを導入する。カーペットを敷いた車内にはリクライニングシートを2+1の3列で配置。高級感ある落ち着いた空間を演出する。乗客を案内する専属のアテンダントも乗務する。

ビジネスでの利用を想定して座席のテーブルを大型化。40席すべてに電源コンセントを備えた。大型のスーツケースなどを置くスペースや無料Wi―Fiを用意して外国人観光客などの利便性向上につなげる。

利用するには乗車券とは別に400円、または500円の料金が必要。プレミアムカー以外の車両は従来通り、乗車券のみで利用できる。

加えて同社は8月21日から、平日朝の通勤時間帯に8000系を用いた全車両座席指定の「ライナー」列車を導入する。枚方市と樟葉から淀屋橋行きを1本ずつ新設する。ライナー料金は一律300円(プレミアムカーは400円、いずれも別途乗車券が必要)に設定した。




大阪方から3両目(6号車)がプレミアムカー














この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test