しなの鉄道に「湘南色」再び 「懐かしの車体カラー」第2弾

ジョルダン

しなの鉄道に「湘南色」再び 「懐かしの車体カラー」第2弾の記事画像
しなの鉄道は20日、オレンジと緑の「湘南色」に塗装した115系車両の運行を始めた。7~9月に開催する「信州デスティネーションキャンペーン」に合わせた「懐かしの車体カラー」企画の第2弾。同日午前、戸倉駅(長野県千曲市)で出発式を開いた。

湘南色は1950年に旧国鉄が東海道線の電車で採用したのをきっかけに、信越本線など日本各地の路線へ広がった。しなの鉄道は169系車両(2013年に引退)で復刻したことがあるが、115系に塗装をするのは初めて。

出発式には同社の玉木淳社長とチアリーディングチームの「千曲キューティアンズ」、事前に募集した「こども駅長」の小学生4人が参加して軽井沢行きの臨時列車を見送った。

こども駅長を務めた小学6年生の保坂桃音さんは「しなの鉄道には古い電車がいっぱいある」と話す鉄道好きで、神奈川県座間市から駆け付けた。出発式後に家族で観光列車「ろくもん」に乗るといい、楽しみにしている様子だった。

同社は115系3編成にそれぞれ異なる復刻塗装を施す。4月に第1弾となる「初代長野色」の運行を開始。7月には第3弾がデビューする。




「初代長野色」(左)と「湘南色」の115系車両







この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test