新幹線の「先頭車研ぎロボ」実演も JR東海、7月に浜松工場を一般公開

ジョルダン

新幹線の「先頭車研ぎロボ」実演も JR東海、7月に浜松工場を一般公開の記事画像

初めて一般公開する「先頭車研ぎロボット」(JR東海提供)

JR東海は7月22、23の両日、浜松工場(静岡県浜松市)を一般向けに公開する「新幹線なるほど発見デー」を開催する。新幹線車両の検査・修繕ラインに導入した「先頭車研ぎロボット」の実演や各種の体験イベントを通じ、安全運行への理解を深めてもらう狙いだ。

同工場は今年1月、新幹線の全般検査をする検修ラインをリニューアル。車体先頭部の再塗装をする際に塗料が付着しやすいよう、表面をざらつかせる作業にロボットを導入した。従来は手作業で進めていたが、最新機器の導入で安全性を向上させた。

新幹線なるほど発見デーは毎年夏に開催している。今回、先頭車研ぎロボットが実際に作業をする様子を含め、全般検査の新ラインを初めて公開。運転士や車掌だけでなく、ワゴン販売や車内清掃など、東海道新幹線を支える様々な仕事について体験しながら学ぶイベントも実施する。

また、会社発足30周年を記念し、検査車両ドクターイエローの「運転士お仕事体験」(事前申し込みが必要)や、分割した車両を運搬する「トラバーサ」の乗車体験を実施する。

開催時間は両日とも10~15時で、入場は無料。浜松駅から無料シャトルバスを運行する。


車両を運搬する「トラバーサ」の乗車体験も(JR東海提供)

この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test