相鉄、12月に「20000系」導入 都心直通へ新型車両

ジョルダン

相鉄、12月に「20000系」導入 都心直通へ新型車両の記事画像

相模鉄道20000系のイメージ(同社提供)

相模鉄道は5日、相鉄グループが創立100周年を迎える12月に新型車両「20000系」の運行を始めると発表した。2022年度下期に開業を予定する相鉄・東急直通線用の車両として使用する。同社が新型車両を導入するのは9年ぶり。

外観は「9000系」リニューアル車両に採用した濃紺、内装は落ち着いたグレーを基調とする。立ち座りを楽にした「ユニバーサルデザインシート」を優先席の一部に導入。ベビーカー・車いす用のフリースペースは10両編成の全車両に設置する。

駅停車時に空調効果を高める個別ドア開閉スイッチやパナソニックの空気清浄機「ナノイー」を取り付けるほか、「相鉄線の特徴でもある『車内の鏡』を復活」(同社)する。 消費電力や騒音を低減する技術を採用し、環境にも配慮する。

新型車両は東急直通線開業までに順次導入を進める。19年度下期に開業する予定の相鉄・JR直通線用の車両は現在検討を進めているという。



20000系(前面)のイメージ


20000系(側面)のイメージ


「ユニバーサルデザインシート」のイメージ


室内(昼間)のイメージ


照明(夜間)のイメージ


製造中の先頭車


塗装作業


※画像はすべて相模鉄道提供

この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test