京急、「横浜づくりビール電車」運行 大師線を2往復

ジョルダン

京急、「横浜づくりビール電車」運行 大師線を2往復の記事画像
京浜急行電鉄は10日、車内で生ビールが楽しめる「横浜づくりビール電車」を大師線で運行した。キリンビール横浜支社、京急ストアとのタイアップ企画。梅雨の晴れ間となった週末、参加者はビール片手に約2時間の乗車を楽しんだ。

ビール列車の運行は昨年10月に続いて2回目。京急線沿線にキリンビール横浜工場があることなどから企画した。車両は専用のヘッドマークを付けた1500形(4両編成)を使用。昼と夜の2回、京急川崎~小島新田間を各2往復する貸し切り電車を設定した。

昼のビール電車には80人が参加。キリンビール横浜工場の神崎夕紀工場長と岡田義宗醸造長がトークで車内を盛り上げた。ビールサーバーからつがれた「一番搾り横浜づくり」は飲み放題。京急ストア特製のビール電車専用の弁当や「くろば亭」(神奈川県三浦市)のマグロの珍味も提供された。










左は通常の「一番搾り」。右が「一番搾り横浜づくり」



この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test