小海線の新観光列車「1375」公開 7月1日運行開始

ジョルダン

小海線の新観光列車「1375」公開 7月1日運行開始の記事画像
JR東日本長野支社は21日、小海線に導入する新観光列車「HIGH RAIL1375(ハイレール イチサンナナゴ)」を中込駅(長野県佐久市)で報道陣に公開した。

7~9月に開催する「信州デスティネーションキャンペーン(DC)」に合わせ、7月1日から運行する。

列車名は清里~野辺山間にあるJR線標高最高地点(1375メートル)にちなんで命名した。気動車「キハ110系」「キハ100系」車両を改造した2両編成で、定員は50人。外観は「天空にいちばん近い列車」をコンセプトに、星空や沿線の山々をデザインした。

1号車は1人用と2人用の座席、ボックスシート、物販カウンターを配置。2号車にはリクライニングシートと、半球形ドームに星空の映像を投影するギャラリーを設けた。

DCの開催期間中、金~日曜日を中心に小淵沢~小諸間で1日3本運行する(夏休み期間中は火曜日以外の毎日)。全車指定席で、座席指定料金はおとな820円、こども410円。車内で地元の食材を使ったブランチ、またはスイーツを楽しめる旅行商品も販売する。夜間に運行する「ハイレール星空」は野辺山駅で星空観察会を開催する予定だ。

併せてジェイアール東日本レンタリースは同列車をイメージしたラッピングレンタカーを駅レンタカー佐久平営業所に配置する。








1号車の車内






物販カウンター



2号車の車内


ギャラリーHIGH RAIL


旅行商品で提供するブランチ


ラッピングレンタカーも登場


野辺山~清里間のJR鉄道最高地点付近(5月撮影)






野辺山駅はJR線最高地点駅(1345メートル)

この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test