「ようこそ尾道へ」 豪華寝台「瑞風」が初立ち寄り

ジョルダン

「ようこそ尾道へ」 豪華寝台「瑞風」が初立ち寄りの記事画像
JR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」が27日午前、尾道駅(広島県尾道市)に到着した。17日にデビューした瑞風が営業運転で同駅に停車するのは初めて。立ち寄り観光のために下車した乗客を地元関係者や児童らが旗を振って出迎えた。

瑞風には山陽・山陰エリアを2泊3日かけて周遊するコースのほか、片道の1泊2日コースが計4タイプ設定されている。尾道駅へは下関発、大阪・京都着の山陽コース(上り)の2日目朝に立ち寄る。午前中、乗客は駅を出てクルーザーで遊覧したり、リゾートホテルでくつろいだりして瀬戸内海の観光を楽しむ。

27日の到着時には尾道市の平谷祐宏市長をはじめ、地元小学校の児童ら約160人が出迎えた。平谷市長は「子供たちの心のこもったおもてなしができて嬉しい。これからもJR西日本と一緒に地域の活性化に取り組んでいきたい」と記者団に語った。

瑞風の停車中、ホームには多くの人が見学に訪れた。市内に住む女性は「テレビで知って友人と駆け付けた」といい、先頭の展望デッキの前で記念写真を楽しんでいた。

(最終更新 2017/6/27 12:30)











あいさつをする尾道市の平谷祐宏市長










尾道駅を出発した瑞風(27日正午過ぎ)

この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test