京王の新型車両公開 9月運行開始、18年春に座席指定導入

ジョルダン

京王の新型車両公開 9月運行開始、18年春に座席指定導入の記事画像
京王電鉄は19日、2018年春に同社初の有料座席指定列車として運行を開始する新型車両「5000系」を若葉台車両基地(東京都稲城市)で報道陣に公開した。同社の新型車両導入は16年ぶり。9月29日から先行して通常列車での営業運転を始める。

通常列車で運行する際はロングシート、座席指定列車の時はクロスシートに転換できるのが特徴。無料Wi―Fiや電源コンセント、空気清浄機などを同社で初めて装備する。加えて、ブレーキをかけた際に発生する回生電力を充電する「車上蓄電池システム」を導入。快適性の向上と省エネ化を進める。

9月29日から京王線内の通常列車としてロングシートで運用する。18年春には平日・土休日の帰宅時間帯に新宿発・京王八王子行き、または橋本行きの有料座席指定列車のサービスを開始する。

5編成(計50両)を導入する。列車の愛称や料金、停車駅などは18年1月に発表する予定。

(最終更新 2017/7/19 16:25)


















車上蓄電池

この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test