JR東海、新幹線の舞台裏・浜松工場を一般公開 リニューアル後初

ジョルダン

JR東海、新幹線の舞台裏・浜松工場を一般公開 リニューアル後初の記事画像
JR東海は22、23の両日、新幹線の運行の舞台裏を体験しながら学べる「新幹線なるほど発見デー」を浜松工場(浜松市)で開催した。今年1月に新幹線車両の検査・修繕ラインをリニューアルして以降、一般向けに公開するのは初めて。

今回のイベントの目玉は新たに導入した「先頭車研ぎロボット」の見学。定期的に実施する車両の大規模検査(全般検査)の工程で再塗装を施す際、塗料が乗りやすいよう車体の表面をざらつかせる作業を自動化した。見学者は6本の機械の腕が器用に車体をなぞる様子を熱心に見守っていた。

このほか「ドクターイエロー」の運転士体験や車両を横方向に移動させる「トラバーサ」の乗車体験など、JR東海の会社発足30周年を記念した企画も用意した。


ツアー客を乗せた新幹線が“踏切”を通過して到着








ドクターイエローの運転台


先頭車研ぎロボット




トラバーサ乗車体験


車内清掃体験




この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test