JR九州、「或る列車」・臨時特急で日田の観光後押し

ジョルダン

JR九州、「或る列車」・臨時特急で日田の観光後押しの記事画像
JR九州は24日、九州北部豪雨の影響で見合わせていた久大本線の特急「ゆふ」の運行を別府・大分~日田間で再開した。観光列車「或る列車」も当初の計画通り大分からの運行を継続。日田までのアクセスを確保することで、夏休みシーズンを迎えた沿線観光地への打撃を抑えたい考えだ。

大分と久留米を結ぶ久大本線は豪華寝台列車「ななつ星in九州」の運行ルートにもなっている。今月上旬の豪雨の影響で日田~光岡(てるおか)間の花月川に架かる橋梁が流失。復旧には相当時間がかかる見通しだ。

15日には博多と由布院を結ぶ観光列車「ゆふいんの森」の運行を小倉・大分を通る日豊本線経由に変更して再開した。「ゆふいんの森」「ゆふ」については、ひとまず8月末まで1日2往復運行する。

また、24日には「或る列車」のプランを販売する旅行会社の関係者が参加する試乗会を開いた。豪華な車内でスイーツが楽しめる同列車は4月から9月までの期間、大分~日田間を走る「大分コース」が設定されている。今回の豪雨で運行ルートに支障はなく、日田駅の森山益行駅長は「日田のまちは通常の生活に戻りつつある。一人でも多くの方に訪れて頂きたい」と話していた。

(最終更新 2017/7/25 15:00)



大分方面から日田駅に到着した特急「ゆふ」


日豊本線を走る特急「ゆふいんの森」



日田・豆田町の町並み















九州北部豪雨で流失した日田~光岡間の花月川橋梁




日田~光岡間で運行している代行バス

この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test