成田空港、航空旅客数が10億人に 「選ばれ、愛される空港へ」

ジョルダン

成田空港、航空旅客数が10億人に 「選ばれ、愛される空港へ」の記事画像
成田空港の航空旅客数が28日、開港以来の累計で10億人に到達した。同日午前、成田国際空港会社(NAA)が空港内で記念式典を開催。夏目誠社長は「お客さまから選ばれ、地域から愛される空港を目指して全力で取り組んでいきたい」と述べた。

10億人目となった米オハイオ州在住のスザンヌ・サナイさんにはNAAや日本航空(JAL)から記念品が贈られた。サナイさんは記者団に「成田空港は預けた手荷物もすぐに出てくるし使いやすい」と話していた。

式典後にはNAAスタッフが第1~3の各ターミナルで記念のトラベルポーチを利用客に配布した。

同空港は1978年5月20日に開港。27日にNAAが発表した2017年上期(1~6月)の航空旅客数は前年同期比5%増の1981万人と4期連続で最高を更新した。

NAAによると開港以来の航空旅客数が9億人に達したのが14年12月22日。10億人までは2年7カ月と、8億人から9億人に到達するまでの期間より3カ月短かったという。


あいさつをする成田国際空港会社(NAA)の夏目誠社長







この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test