京葉線車両にラッピング 千葉ロッテなど6チーム

ジョルダン

京葉線車両にラッピング 千葉ロッテなど6チームの記事画像
JR東日本千葉支社は1日、プロ野球・千葉ロッテマリーンズなど京葉線沿線を拠点とする6つのスポーツチームの選手をラッピングした車両の運行を始めた。地元6チームと互いに連携し、沿線地域の活性化とチームの知名度向上につなげる考えだ。

10月末まで京葉線で10両1編成を運行する。千葉ロッテのほか、バルドラール浦安(フットサル)、千葉ジェッツふなばし(バスケットボール)、オービックシーガルズ(アメリカンフットボール)、千葉ゼルバ(バレーボール)、ジェフユナイテッド市原・千葉(サッカー)の選手を1両ずつに装飾。残りの4両は共通デザインにした。

同日午後、海浜幕張駅(千葉市美浜区)で6チームの選手や関係者が出席してラッピング車両のお披露目イベントを開催した。

千葉支社はラッピング車両の運行と併せ、6チームの試合日程を記載したスケジュール表や、チームの情報をまとめた冊子を京葉線各駅で無料配布する。




オービックシーガルズ(2号車)


バルドラール浦安(3号車)


千葉ロッテマリーンズ(5号車)


千葉ジェッツふなばし(6号車)


千葉ゼルバ(8号車)


ジェフユナイテッド市原・千葉(9号車)


共通デザイン



ポケットスケジュール(左)とファンブック

この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test