京都線の新駅は「JR総持寺」 18年春、摂津富田~茨木間に開業

ジョルダン

京都線の新駅は「JR総持寺」 18年春、摂津富田~茨木間に開業の記事画像

新駅の外観イメージ(JR西日本提供)

JR西日本は8日、JR京都線(東海道本線)の摂津富田~茨木間に設置する新駅の名称が「JR総持寺(そうじじ)」に決まったと発表した。2018年春に開業する。

摂津富田駅から約1.7キロ、茨木駅から約2キロの場所に新設する。駅舎は総持寺の山門をイメージ。島式ホーム1面で、同社で初めて「二重引戸式」の可動式ホーム柵を設置する。

すでに阪急総持寺駅があることから「JR」を頭に付けた。同社は決定理由について「西国三十三所第22番札所としても知名度があり、場所がイメージしやすく、わかりやすい名称であるため」と説明している。

JR西日本提供

この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test