JAL、成田~メルボルン線の運航開始 記念式典開催

ジョルダン

JAL、成田~メルボルン線の運航開始 記念式典開催の記事画像
日本航空(JAL)は1日、成田~オーストラリア・メルボルン線の運航を開始した。出発前に成田空港第2旅客ターミナルで記念式典を開催。植木義晴社長は「メルボルンは世界で最も住みやすい街だともいわれている。おしゃれなカフェや世界遺産もある」と観光などの需要拡大に期待を示した。

記念式典には成田国際空港会社(NAA)の夏目誠社長や小泉一成市長らが出席。オーストラリアのリチャード・コート駐日大使は「ビジネスや団体客、個人旅行客の選択肢が広がる」と新規就航の意義を強調した。搭乗ゲート付近でも写真撮影や記念品配布などのイベントが開催された後、定刻通り出発した773便(ボーイング787―8型機)を消防車が放水して見送った。


記念式典であいさつする日本航空の植木義晴社長


オーストラリアのリチャード・コート駐日大使














この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test