千葉駅の駅ビル「ペリエ千葉」に107の新店舗 本館2~7階

ジョルダン

千葉駅の駅ビル「ペリエ千葉」に107の新店舗 本館2~7階の記事画像
千葉駅の駅ビル「ペリエ千葉」の本館に7日、千葉県初出店の衣料品店や飲食店など107店舗が開業した。千葉ステーションビルとJR東日本が共同で進める駅ビル建て替え計画の一環。先行して開業した改札内の商業施設とともに幅広い客層の利用を見込む。

本館の2~7階に衣料品店や生活雑貨、レストラン、カフェ、クリニックなどが出店した。同県初出店は30店舗、千葉市初出店は55店舗で、新ブランドも3店舗ある。レストランの一部で千葉県産の食材を提供するほか、館内に千葉ならではの食品を販売するコーナーを設ける。

4階にはエキナカと直接繋がるICカード専用の「ペリエ改札」を開設。5階に屋上庭園「えきうえひろば」、7階に多目的ホール「ペリエホール」を設け、家族連れからビジネスでの利用まで多様なニーズに対応する。千葉ステーションビルの担当者は「毎日の生活を楽しみたい幅広い年齢層をターゲットにしている。特に30~40代の女性に支持してもらうことで様々な客層に波及させたい」と話していた。

駅ビルは2018年夏以降、1階と地下1階部分を含めた全館が開業する。


















4~6階には「レストスペース」を設けた




4階の「ペリエ改札」
※写真はすべて4日の内覧会で撮影

この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test