気分は西武鉄道の運転士 としまえんの「チャレンジトレイン」

ジョルダン

気分は西武鉄道の運転士 としまえんの「チャレンジトレイン」の記事画像
西武グループの遊園地「としまえん」(東京都練馬区)は30日、電車の運転の疑似体験ができる「チャレンジトレイン」の営業を始めた。西武鉄道を代表する車両を再現したミニトレインの運転台を操作しながら、全長180メートルのコースを走行させることができる。運転技術の採点もあり、鉄道ファンや家族連れの人気を集めそうだ。

ミニトレインは3月に運行を始めた通勤車両「40000系」のほか、「30000系」(スマイルトレイン)、「20000系」、「2000系」の計4種類を用意。定員は1両あたり4人で、運転台のマスター・コントローラー(マスコン)やブレーキハンドルを使って車両を自分で動かせる。コースには踏切や駅、鉄橋も設置した。所要時間は2分30秒~3分程度。

運転台の液晶パネルには駅間の目標タイムを表示。タイミングの良い警笛や中間駅での停車位置など、運転の腕前を100点満点で採点する。

28日に報道関係者向けの内覧会を開いた。試乗した「ママ鉄タレント」の豊岡真澄さんは「思ったよりも難しいので、頑張ってポイントをとれるようになってください」と話していた。

料金は400円で「のりもの1日券」などが利用できる。






ワンハンドルの運転台


ツーハンドルの運転台










※写真はすべ28日の内覧会で撮影

この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test