東急、上海に駅ナカ運営のノウハウ“輸出” 日本の流行発信

ジョルダン

東急、上海に駅ナカ運営のノウハウ“輸出” 日本の流行発信の記事画像
中国・上海の地下鉄駅構内に10月30日、東京急行電鉄がプロデュースする駅ナカ商業施設「LINE plus」が開業した。同社が沿線で培った駅ナカ運営のノウハウを生かし、駅利用者や近隣オフィスで働く若い世代に日本の流行を発信する。

地下鉄3路線が乗り入れ1日約16万人が利用する徐家匯(シュージャーホイ)駅の構内に、日系を中心とした飲食・雑貨8店舗を揃えた。周辺は百貨店やオフィスビルが立ち並び「東京でいえば我々の本拠地、渋谷のような繁華街」(東急電鉄の担当者)という。同社が中央林間駅や大井町駅などで展開する「etomo(エトモ)」での経験を土台に、土地柄に合わせて駅と一体となった商業施設の開発・運営を支援する。

中央に食事ができるスペースを設け、ラーメン店「あの小宮」やおにぎり専門店「ぼんたぼんた」といった店舗を配置した。コンビニの「ローソン」がプロサッカー上海上港集団とコラボ店舗で出店。東急レクリエーションが運営する「ランキンランキン」は、日本の流行商品をランキング形式で紹介しながら販売する。



















徐家匯駅の周辺には商業施設やオフィスビルが多い

この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test