JR九州、レトロな衣装でおもてなし 肥薩線の観光列車

ジョルダン

JR九州、レトロな衣装でおもてなし 肥薩線の観光列車の記事画像
JR九州は12日、肥薩線・人吉駅(熊本県人吉市)周辺で開催の「ノスタルジック人吉」に合わせたイベントを駅や観光列車の車内で実施した。人吉駅には同社の青柳俊彦社長らが「100年前」をイメージした服装で登場。到着した乗客をレトロな雰囲気で出迎えた。

ノスタルジック人吉は「100年前にタイムスリップ」を合言葉に人吉温泉女将の会「さくら会」が主催して人吉駅の駅前広場などで開くイベント。「SL人吉」が運行を始めた肥薩線全線開通100周年の2009年から毎年実施している。「かわせみ やませみ」がデビューした今年はJR九州も一体となってイベントを盛り上げた。

熊本と人吉などを結ぶ観光列車「いさぶろう・しんぺい」、かわせみ やませみ、SL人吉の上下7本には袴姿の「ハイカラさん」の客室乗務員が乗車。乗客と記念写真を撮影して、球磨川沿いを走る観光列車の旅に花を添えた。

【関連記事】
JR九州と南田裕介さん、都内で観光列車PR 九州7県は食の「お国自慢」(11/11)
JR九州、新観光列車「かわせみ やませみ」お披露目(2/27)


「いさぶろう1号」と「ハイカラさん」姿の客室乗務員(熊本駅)











レトロな装いのJR九州の青柳俊彦社長(左)と赤木由美営業部長(人吉駅)














この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test