東京メトロ、列車火災想定の訓練 「噴霧放水」で煙排出

ジョルダン

東京メトロ、列車火災想定の訓練 「噴霧放水」で煙排出の記事画像
東京メトロは14日、走行中の地下鉄車両で火災が発生したと想定した訓練を同社総合研修訓練センター(東京都江東区)のトンネル内で実施した。

訓練は半蔵門線・清澄白河~水天宮間を走行中の車両の台車で発煙があり運転不能になった、との想定で開始。列車防護から乗客の避難誘導、消火活動など、異常時にとるべき対応を確認した。

今回は東京消防庁の消防隊がトンネル内の煙を排出させる「噴霧放水」を同訓練で初めて実施した。歩行が困難な乗客をレールを使って運ぶ「救護用搬送台」や、動かなくなった車輪を浮かせて車両を移動させる「搬送トロ」も用いられた。











救護用搬送台






搬送トロの取り付け


この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test