中央線に「スーパーあずさ」新型車両 JR東日本、12月23日から営業運転

ジョルダン

中央線に「スーパーあずさ」新型車両 JR東日本、12月23日から営業運転の記事画像
JR東日本は22日、12月23日から中央本線で営業運転を始める新型特急車両「E353系」の報道関係者向け試乗会を実施した。現在、特急「スーパーあずさ」に使用している「E351系」の後継として一部を置き替える。スーパーあずさの新型車両導入は24年ぶり。

最高速度は従来と同じ130キロ。現行のE351系は「制御付き自然振り子方式」でカーブでの高速走行に対応しているのに対し、E353系は「空気ばね式車体傾斜方式」を採用して左右の揺れを軽減させる。全車両に搭載した「動揺防止制御装置」で走行中の揺れを抑え、乗り心地を向上させた。

車内照明はJR東日本の在来線特急で初めてとなるLEDを採用。各座席にコンセントを備え、ノートパソコンが利用できるようテーブルを大型化した。車いす対応のトイレや多目的室を設け、2両に1カ所の割合で荷物置き場を設置した。

外観デザインは南アルプスの雪を表現した「アルパインホワイト」を基調とし、「あずさの伝統色」である「あずさバイオレット」のラインを入れた。

12月23日の段階で9両3編成と付属の3両3編成の計36両を導入する。新宿~松本を走るスーパーあずさの半分にあたる下り・上り計8本を新型車両で運行する。

JR東日本長野支社の伏田忠広運輸部長は「新技術で乗り心地を向上させたほか、コンセントの設置やテーブルの大型化でビジネス需要にも対応できるようにした。デザインについては旅への高揚感を得られるように気を配った」と開発の狙いを説明した。
(最終更新 2017/11/22 14:37)



松本駅に入線する「E353系」




普通車の座席









可動式フック




荷物置き場








多目的室


グリーン車









現行のE351系スーパーあずさ


E351系の座席テーブル

この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test