小田急、新型ロマンスカー「GSE」お披露目 70000形、18年3月デビュー

ジョルダン

小田急、新型ロマンスカー「GSE」お披露目 70000形、18年3月デビューの記事画像
小田急電鉄は5日、新型の特急ロマンスカー車両「70000形」を大野総合車両所(神奈川県相模原市)で報道陣に公開した。2018年3月中旬に運行を開始する。箱根観光の人気に伴う座席の供給不足に対応し、更新時期を迎えつつある「7000形(LSE)」の引退に備える。

愛称は「GSE(Graceful Super Express)」と名付けた。

デザインはロマンスカー「50000形(VSE)」「60000形(MSE)」と同じく、岡部憲明アーキテクチャーネットワークが手掛けた。外観はロマンスカーの「伝統色」である「バーミリオン」を用いた。両先頭車にそれぞれ16の展望席を設け、側面の窓は高さ1メートルにして沿線の風景をより楽しめるようにした。眺望を確保するため先頭車に荷物棚はなく、座席下に荷物を収納するスペースを設けた。

1両20メートルのボギー車による7両固定編成を2本導入する。定員はVSEより42人多い400人。左右の振動を抑制する装置を全車両に搭載して乗り心地を向上。トイレはすべて洋式で温水洗浄機能付き便座を採用した。多目的室や外国人観光客の利用を想定した荷物置き場を設置した。

(最終更新 2017/12/5 15:59)






















先頭車



展望席



車体のお披露目に先立って開催した説明会






乗務員・アテンダントの制服も一新

この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test