自転車乗せて房総へ JR東日本のサイクルトレイン

ジョルダン

自転車乗せて房総へ JR東日本のサイクルトレインの記事画像
JR東日本千葉支社は2018年1月6日から、サイクリング専用列車「B.B.BASE」を運行する。自転車を折り畳まずに持ち込める特別仕様を売りに温暖な房総エリアへサイクリストを呼び込む。

列車の愛称は「BOSO BICYCLE BASE(房総バイシクルベース)」。房総を自転車で駆けるための「移動基地」(同社)にしたいというコンセプトで名付けた。

車両は南武線などで運行していた209系を改造した6両編成。1~3号車と5~6号車に計99人分の座席とサイクルラックを備えた。4号車は乗客同士が交流できるフリースペースにした。

週末ごとに両国から内房、外房、佐原、銚子の4方面のいずれかへ運行する。全席を旅行商品のみで販売。各方面に「ショート(20キロ程度)」「ミドル(40キロ程度)」「ロング(80キロ程度)」の3種類のモデルコースを用意する。道の駅に休憩や自転車の整備ができる「エイドステーション」も確保し、地域と一体になって盛り上げる考えだ。















4号車の車内



この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test