日豊線・臼杵~佐伯間が3カ月ぶり運転再開 記念式典を開催

ジョルダン

日豊線・臼杵~佐伯間が3カ月ぶり運転再開 記念式典を開催の記事画像
JR九州は18日、台風18号で被災して不通になっていた大分県内の日豊本線・臼杵(うすき)~佐伯(さいき)間の運転を3カ月ぶりに再開した。同日朝、佐伯駅で地元高校生らが参加する記念式典を開催した。

式典には地元選出の衛藤征士郎衆院議員らが出席。県立佐伯豊南高校の吹奏楽部が演奏で式典を盛り上げたほか、地元3校によるアートパネルも披露された。同駅の近藤博行駅長と「一日駅長」の田中利明佐伯市長が出発合図を送り、特急「にちりん4号」を見送った。

同区間(28.6キロ)は9月の台風18号の影響で土砂流入などの被害が発生した。復旧工事の間はバスによる代行輸送を実施。クルーズトレイン「ななつ星」の3泊4日コースも同区間を避けるルートで運行した。

JR九州の兵藤公顕大分支社長は式典終了後「年末年始を前に3カ月という期間で復旧できたことを喜ばしく思う。鉄道が元気を届けられることを改めて実感した」と話していた。




JR九州の兵藤公顕大分支社長のあいさつ




「一日駅長」の田中利明佐伯市長


地元高校生によるアートパネルのお披露目











この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test