小田急、複々線の工事公開 代々木上原~梅ヶ丘間、3月3日運転開始

ジョルダン

小田急、複々線の工事公開 代々木上原~梅ヶ丘間、3月3日運転開始の記事画像
小田急電鉄は2018年3月3日から、小田原線・代々木上原~梅ヶ丘間で複々線での運転を始める。同月17日には列車の増発による混雑の緩和や所要時間の短縮など、複々線のメリットを生かした新ダイヤに切り替える。

同社は、現在使用している地下2階の急行線に加え、地下1階部分に各駅停車用の緩行線を整備する工事を進めている。複々線化後は東北沢、下北沢、世田谷代田の3駅は新ホームを使用する。世田谷代田駅は仮設ホームを廃止し、現在は通路の一部となっている地下1階の部分がホームになる。

同区間は2013年3月に地下化した。下北沢駅は2019年3月に新駅舎が完成する予定。

12月21日に報道陣向けの工事現場説明会を開催した。



工事中の下北沢駅




下北沢駅の緩行線ホーム







世田谷代田駅の緩行線ホーム




この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test