のんさんが駅員姿で姫路駅に JR西日本、冬のホーム転落防止呼びかけ

ジョルダン

のんさんが駅員姿で姫路駅に JR西日本、冬のホーム転落防止呼びかけの記事画像
JR西日本は2018年2月28日まで「冬期のホーム転落防止キャンペーン」を実施する。忘年会や新年会などで飲酒をする機会が増える季節に駅のポスターなどで利用者に注意喚起する。

22日に姫路駅で開いた啓発イベントには、今年のイメージキャラクターに起用した兵庫県神河町出身の女優・のんさんが駅員姿で登場した。同駅の舘勝則駅長は「酒を飲みすぎて危険な状態になっている人いた場合は声がけをしたり、ホームの非常ボタンを押したりして周囲のお客さまの安全を確保してほしい」と呼びかけた。

イベント終了後、同社社員が駅の利用者にのんさんが表紙を飾る限定版の安全パンフレットを配布した。のんさんは報道陣の取材に応じ「『危ない』と思っても知らない人に声をかけづらいけど、駅員さんに知らせる勇気なら出るかも。一人ひとりの気持ちが大事だと思いました」と話していた。

JR西日本によると、16年度は同社管内(1200駅)でホームからの転落事故が263件あった。








イベント終了後に報道陣の質問に答えるのんさん

この記事が気に入ったらフォローしよう。
最新の交通・旅行ニュースをお届けします

twitter   facebookページ

出発:

到着:

日付:

時間:

test